トイレでもしも水のトラブルがおきたとき知っておきたいこと

トイレでもしも水のトラブルがおきたとき知っておきたいこと 家の中を見渡してみると、改めていつでも安心して水が使える状態が保たれてることが私たちの生活を豊かにしていると感じます。そんな水回りで水のトラブルが起きたら、水が使えなくなるだけでなく他のトラブルも生んでしまう可能性があります。
頭の片隅に覚えておきたいのは、水のトラブルが起きたときは可能な限り早急に行動に移すことです。水のトラブルによる被害を拡大させないためにも、どこでどんなトラブルが起こりやすいのか、そのトラブルは何が原因で起こる可能性が高いのかなど、万が一のときに備えて予備知識をチェックしておきましょう。トイレでトラブルが起こるとダメージは大きいですが、改めてトイレを見直すきっかけになったと前向きに捉えましょう。

■もしもトイレで水が漏れていたら

これまで気づかなかった水のトラブルに気づいたとき、いくらタオルやトイレットペーパーで拭いても、次々に水が漏れてどうしようもなく愕然とすることがあります。トイレは特に水のトラブルが多い箇所として注意が促されていますから、何が原因で不具合が起こるのか把握しておくことが大事です。
見た目が頑丈そうに見えるから簡単に壊れるわけがない、自分の家は大丈夫、と過信している方もいるでしょう。しかし、トイレは毎日使うものですから、負荷がかかることで水のトラブルを招くこともあります。水漏れトラブルの原因はなんなのか、もしも水が漏れていたら何をすべきなのか知っておくことは必要です。水漏れを放置しておくとカビや湿気の原因に繋がるため、早めに行動に移しましょう。

■排水管のトラブルはどこで起きやすいのか
意外に思うかもしれませんが、実は排水管のトラブルはトイレでも起こりやすいと言われています。もともと不要な物を流すところだから、排水管による水のトラブルは起こりにくいだろうと思っている方もいることでしょう。
例えば、トイレに流せると記載のある掃除シートや、ペットのトイレ砂を流したことで、トイレが詰まって汚水が逆流したというケースは意外とよく起こるトラブルです。水に流せるものなのにどうして詰まってしまうのか、その理由はトイレットペーパーのようにきちんと溶ける商品が少ないという事実があるからです。
排水管のトラブルを起こさないようにするために、トイレに流せると謳っている商品の取り扱いは十分に気を付けてください。どうしても心配な場合はトイレに流さず、各自治体の定めた日にゴミとして処分するといいでしょう。

■トイレのトラブルがきっかけでトイレの交換を検討してみよう

トイレに関して困りごとがある場合、その困りごとがきっかけでトイレ本体の交換を検討する家庭も多いです。長年使い続けてきて老朽化したことで、今よりももっと快適な空間にするためにトイレのリフォームを考えることもあるでしょう。そもそもトイレ本体には、どのぐらい耐久年数があるのかは気になるところです。
また、トイレ本体は年々進化を続けているので、機能を重視したタイプもあれば、見た目にこだわったタイプもあります。本体の交換やリフォームを検討するなら、この機会にぜひ理想のトイレを考えてみましょう。タンクがあるタイプとないタイプは、どちらもメリットが大きいので悩みどころかもしれません。

■まとめ
水のトラブルによって、改めて毎日安心してトイレを使えることのありがたみを痛感することでしょう。また、トイレが快適空間であればあるほど、毎日の生活の中に心のゆとりが生まれるのも事実です。トイレで水のトラブルが起きたとき、もしかしたらトイレの空間を見直すきっかけになるかもしれません。臭くて暗いトイレではなく、においに悩まされず清潔でキレイなトイレの空間をぜひ考えてみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース