水のトラブルがきっかけでトイレの交換を検討する家庭も多い

水のトラブルが起きたのをきっかけに、トイレの交換を検討する方は多いです。今の時代は便利な機能が搭載されたトイレも多いですし、毎日の掃除が楽になるタイプも人気があります。どんなことをきっかけにトイレの交換を考えるのか、おすすめのトイレの種類なども気になるところです。

■トイレには寿命がある

陶器でできているため頑丈に見えるトイレでも、長年使い続けていると老朽によってトイレが壊れてしまうこともあります。特にトイレのタンクの内部にある部品は寿命があり、一般的に部品や配管などは10年を目途に交換したほうがいいとされています。
10年も経つとどこかに不具合が生じる可能性が高くなり、なおかつ10年以上過ぎるとトイレ内の壁紙や床も古くなり、汚れや臭いが取れにくくなります。そのため、10年を目途に部品の交換を考えたり、壁紙や床の張替えの検討をする方が増えています。

■どんなタイプのトイレが人気なのか

トイレの交換を検討するとき、どんなタイプのトイレが人気なのか確認しておくといいでしょう。大きく分けてトイレにいはタンク式とタンクレスタイプがあります。
タンク式はタンクの中に水を貯めておくタイプで、水を流す時に勢いをつけて流すのが特徴です。ウォシュレットが壊れてしまった場合でも便座だけを交換すればいいので費用を安く抑えることができます。トイレの交換そのものも費用が安いことがメリットになっています。
タンクレスタイプはタンクがないのでトイレ空間が広くなりますし、水道直結式で水を流すことができるので、タンクの中に水が溜まるまで待つ必要がなく、続けて水を流すことができます。

■まとめ
水のトラブルが起きたとき、修理で状況を改善するか、それともトイレ本体を交換するか、修理業者に相談するといいでしょう。交換するほど状況が悪くないのであれば修理を依頼して、交換の必要がある場合はこれを機に理想のトイレを導入しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ